福原ソープでキャストから嫌われる福原ならではの要因

西日本最大規模のソープ街である神戸の福原ソープ街では、連日多くの男性がソープランドを利用して、女性とのひとときの触れ合いを楽しんでいます。
ソープ遊びの成否を分けるのは、接客してくれるキャスト次第というのが大きく、お金を払うお客の立場とはいえ「いかにキャストのご機嫌を伺うか」というのも大きな要因でしょう。
そこで、福原のソープでやってしまうとキャストから嫌われやすいことについて、解説してみましょう。

◆ 似非関西弁で喋る

昨今、東京でもテレビなどを通じて関西弁を耳にすることは当たり前となっています。
そんな中で関西圏の方以外でも関西弁がつい口に出てしまうということもあるかもしれませんが、大抵そういう関西弁はアクセントが違っていたりするもの。
そして、それが関西弁を普通に使う大阪や兵庫などのあたりはやたら気に障るというのです。
福原のソープ嬢も、接客をしていて東京などからの出張で福原を訪れるお客さんの似非関西弁は気になるようで、「場を和ませようという思惑は理解できるけど……」なというのが本音のようです。

◆ 服のセンスが変

神戸はオシャレな街というのが世間一般の認識で、昔から外国文化と隣合わせの街であるがゆえに、そこには独特の雰囲気がある観光都市の一つです。
住人も神戸という街に誇りを持っている方が多いので、そこに違和感を覚えさせるような人というのは街を歩いていても目立つものです。
そんなこともあり、よその地域のソープでも基本服のセンスが変な人は嫌われやすいのですが、福原ではその傾向がやや強めと言われています。
地元神戸の女性も多く働いている福原のソープでは、出来る限り無難なカジュアルファッションで行くのが良いかもしれません。

◆ がっつきすぎる

福原のソープは安い店が多いとはいえ、それでも2万円前後の出費が必要になる高い風俗遊びです。
そんな高額料金の元を取ろうと時間内にあれもこれもとサービスを要求する男性は少なくありません。
こういった客は、どこのソープでも嫌われるものですが、福原は特にこういった客は毛嫌いされるようです。
大阪に近い福原ソープでは、電車に乗って大阪から遠征してくる方も多いのですが、大阪人気質なのかこういうがっついたお客さんは頻繁に見かけるそうです。
福原では、余裕を持ってより紳士的な振る舞いを心掛ければ、キャストからの好感度も上がりやすいのかもしれません。

福原のソープなればこそ嫌われるという要素を挙げてみましたが、口調や服装、態度というわりと当たり前な部分の影響が大きいのは、他の地域と違いはないようです。
福原ソープで遊ぶ際には、やはり「普通」を心掛けていくのが一番ということでしょうか。

You may also like...