高級ソープを楽しむのなら、吉原よりも堀之内がオススメ

冬になり寒風が身も心も冷やしてくる季節になると、人肌の温もりが恋しくなる……。一時とはいえそういった心の隙間を埋めてくれるのがソープランドというもので、12月や1月なんかは繁忙期ということもあって、多くの男性がソープランドを訪れます。まあ、8月頃も繁忙期なので、ボーナス絡みというのが実際のとこなのでしょうが、そういうのは野暮というものです。

ボーナスが出たらソープに、それも普段ではまず行かない高級ソープに挑戦しようと考える人も多いのではないでしょうか。地域にも拠りますが、関東であればおよそ50,000円以上が高級店となっていて、吉原や堀之内には数多くの高級ソープが軒を連ねています。高級ソープは、やはり値段が値段だけに店側もそれにふさわしい店作りを心掛けていて、建物や内装からスタッフの態度まで全てにおいて徹底されています。そのため、普段は格安店などがメインとなっている人だとその雰囲気に気圧されてしまうということもあるでしょうが、そういった普段は楽しめない雰囲気を楽しむことが高級ソープの楽しみの一つと言えます。

もし、そういった雰囲気なども含めて高級ソープを楽しむのであれば、吉原よりも他の地域の高級ソープへ遠征するべきかもしれません。吉原は確かに日本一のソープ街で高級ソープも多いのですが、高級ソープであっても建物や設備的に地方の高級ソープに比べて格段に劣るという面があります。吉原は有名になりすぎてしまい、多くの店が集まるため一店舗ごとの店の面積は極端に狭くなっています。ただでさえ規制によって立て替えや補修が出来ずに建物自体が劣化しつつあるうえ、さらに店が狭いといういかに店が努力して雰囲気を作ったとしても改善が難しい部分もあり、あまり高級感を感じられずに期待ハズレに終わることも多いでしょう。

そうとは言っても伊達に日本一の高級ソープ街と言われるだけあって、女性の質や豊富さは他とは比較出来ないほど選択肢が多いというのは事実ですから、どちらを取るかというのは難しいところです。日本一の激戦区とされる吉原の高級ソープ店でしっかりとお客を取れるレベルの女性なんていうのは、地方の高級ソープではなかなか得難い存在であるのも間違いではありませんし、そういった方のサービスというのは都落ちしたような女性のサービスとは明らかに一線を画しているのも事実です。

そういった意味では、堀之内の高級ソープなどは都心よりそう遠くないがゆえに吉原顔負けレベルの店が揃っていますから、高級ソープをしっかり楽しめる穴場的な場所と言えるかもしれません。