何でもありの高級ソープ吉原『秘書室』体験談

秘書室 ソープ

激しい接客が特徴の吉原ソープですが、それは高級店であっても同様です。
経営陣の接客や設備とお客の迎え入れなど、サービス業としての部分を充実させた高級ソープは郊外にたくさんありますが、ここ吉原では「性」の部分をピンポイントでサプライズするような濃厚なサービスを売りにしている高級ソープがたくさんあります。
そういった店はいわば「何でもあり」の様相で、半狂乱的な性の満たし方が可能なのです。
アダルト動画を見ない男性はいませんが、あの世界感が現実のものとして、それなりの料金を支払えば実現できるのが吉原の高級ソープなのです。
そういった激しいサービスを売りにする店舗の中で人気があるのが『秘書室』です。
かしこまった雰囲気はなく、引切り無しに訪れるお客が店の勢いを物語っています。
高級ソープの割に若いお客も多いのが特徴です。
特にこの店の「二輪車」の過激さは伝説的とも言えるもので、AVの世界を体感してみたい、という男性客の憧れにもなっています。
120分55,000円(フリー)
120分二輪車130,000円
と安くない価格は高級店そのものです。
今回不意の臨時収入を得た私はこの二輪車初体験の為に久々の吉原に足を運んだのです。
日暮里駅に迎えに来てくれた男性スタッフはざっくばらんな対応をしてくれて、人気のある嬢と人気のない嬢の名前を平気で言ってしまうフランクさでした。
高級店ならではの固い感じの接客かと思っていたのでビックリしました。
でも気を悪くするようなことは一切なく、逆にテンションを上げさせてくれるような会話で好印象でした。
店は吉原の標準的な小ぶりな大きさですが、先客がかなりいるようで慌ただしい雰囲気で活気がありました。
パネルは10枚とかなり多めです。
しっかり見てみると巨乳が多いこと気づきます。
その中でも爆乳系二人を選び、総額支払い狭めの待合で姫の登場を待ちました。
OLコスプレのS姫とN姫のパネルを思い出すだけでも興奮がマックス状態になりそうでした。
「夢の3P」までもう少しです。
しばらくして案内があり、廊下の向こうに姫二人を確認、走り寄って来てハイテンションな挨拶の後手を取られて階段で2階に上がります。
二人共逆パネマジという感じで迫力ボディーは写真以上のインパクトがありました。
上がる廊下の途中で僕の手を自分のスーツの胸の中に入れ強制乳揉みが始まると、何とN嬢が階段でNFを始めたのには度肝を抜かれました。
乳揉みしながらDKで、下はNFもうその時点でイッテしまってもいいんじゃないかと思いましたが、何とか堪えて部屋に入り、床の上で3Pを始めるというワイルドなサービスの開始です。
S嬢と69状態でのWフェラ、すかさずN嬢は騎乗位でN挿入、交互に入れ替わってのDK&挿入で15分して大量発射すると、お掃除フェラから次の二人S嬢にバトンタッチで高速騎乗位で夢見心地になりました。
「男に生まれてきてよかった」と心から思えたのは人生でこの時だけかも知れません。
常に一人に挿入するともう一人が密着してDKをしてくれ、4回発射という偉業を成し遂げ終了しました。
給料の半分が飛んで行くような金額ですが、それを上回る充足感を得ることができ、深く記憶に刻み込まれる一夜となったのでした。

You may also like...